当社の歩み|信成物産株式会社|豆類、穀物、食品の輸入商社/もやし製造販売

当社の歩み

豆一粒に込められた想いは、時代を超えて専門商社の礎に

私たちの原点は、明治初期にまでさかのぼります。
徳島で増田久吉が雑穀業を創業し、現在に至る歩みがはじまりました。

世相が大きく変動する中、徳島から神戸に移り、米や豆類を扱う会社を設立した増田菊太郎の信念は、多くの人々に食べ物を安定して供給すること。その信念は二度の大戦を越え、増田末一によって設立された「信成物産」へと引き継がれます。誰もが食べるために生き、新しい平和な未来を模索していた昭和34年のことです。

初代社長、増田末一の大きな夢は、「豆の輸入体制を確立し、社会に安定して品質の高い食品を供給すること」でした。その想いへ応えるように、当社は輸入体制を強化するとともに、生産部門としての事業所を全国に展開。そうして「信成物産」は、輸入から生産、販売までを幅広く手がける企業へと成長を遂げたのです。

いつの時代でも、人と人との関わりから生まれる「食」に、高い信頼性が求められることに変わりはありません。

創業以来変わらない「食」における高い信頼性と安全性を目指す
信念は、総合食品会社として時代を超えて信成物産の根底に
流れています。

信成物産の歴史

明治初期 増田 久吉が徳島にて雑穀業を創業
明治末期 増田 菊太郎が神戸にて株式会社増田商店を設立
昭和34年1月 増田 末一が株式会社増田商店から分離独立
総合食品会社として信成物産株式会社を神戸市鍛冶屋町に設立
昭和35年5月 兵庫県伊丹市に大阪事業所開設
もやし製造事業開始
昭和40年7月 東京事業所開設
昭和41年3月 増田咲子が社長に就任
昭和51年1月 神戸市中央区富士信ビルに本社移転
昭和62年12月 神戸市兵庫区本町に本社新築移転
平成元年12月 増田憲三が社長に就任
平成8年9月 鹿児島菱刈に九州事業所開設
九州・沖縄地区向けにもやし製造販売
平成13年7月 本社を信成三宮ビルに移転 中央区小野柄通
平成20年9月 本社を信成兵庫ビルに移転
平成21年11月 増田憲太郎が社長に就任

▲ページのトップに戻る

【本社】

〒652-0834
兵庫県神戸市兵庫区本町1-4-23
信成兵庫ビル1F

TEL: 078-652-9177
FAX: 078-652-9178

【大阪事業所】

〒664-0842
兵庫県伊丹市
森本1丁目92

TEL: 072-782-5009
FAX: 072-772-5709

【九州事業所】

〒895-2705
鹿児島県伊佐市
菱刈重留1476番

TEL: 0995-24-1111
FAX: 0995-24-1110